湖南町のリンク

ライブカメラ
福島県中建設事務所
三森峠
黒森峠
勢至堂峠
磐梯山と猪苗代湖のほとり湖南町 ばんだいさんといなわしろこのほとりこなんまち
磐梯山と猪苗代湖

『湖南町』は福島県の中央に位置する郡山市の西部にある町で、猪苗代湖に面し対岸に磐梯山を望む地域です。
湖南地区の地理的概要

 本地区は、郡山市の最西端(県のほぼ中央部)にあり、東経140度13分、北緯37度19〜27分に位置し、標高514〜1000m余の高冷地帯にあり、東は逢瀬町、三穂田町、南は岩瀬郡長沼町、天栄村、西は会津若松市湊町、北は猪苗代湖を経て耶麻郡猪苗代町に境し、東西南の三方は山岳を以って囲続し、数条の小山脈南北に走り、北の一方は秀麗透微鏡のごとき猪苗代湖に臨んで遥かに磐梯山、南は1000m前後の岩上山、八幡山、笠ケ森山、高井原山、布引山の諸連峰が連なり、これに源を発する数多くの支流は舟津川、菅川、常夏川等となって猪苗代湖に注いでいる。        
 集落は、舟津川流域に三代、中野、舟津、これより東方に舘、横沢、浜路と点在し、菅川流域には馬入新田、福良、両浜等、常夏川流域には東岐、赤津、秋山等が散在し湖南町を構成する。
 郡山市街へ33km、会津若松市へ32.7km、国道294号線(茨城県茂木市〜会津若松市間)が通り、国道49号線(猪苗代町JR上戸駅)へ20kmの位置にある。
 湖南町の総面積は167.73km2で、平成11年度には猪苗代湖の境界と配分面積が設定され、市一となり市面積の22%を占める。
 気象条件は会津山沿いに等しく、降雪量は80〜130cm程であり、冬は氷点下17〜18度位まで下がることがある。
 新観光福島30景の一つ「舟津公園」をはじめとして多くの景勝地に恵まれ、湖水浴場として舟津浜、舘浜、横沢浜、浜路浜、青松浜、秋山浜があり、舟津字小磯には湖南港がある。
 キャンプ地として湖岸全域(青松浜松林地内を除く)。湖岸駐車場も舟津浜、舘浜、横沢浜、青松浜、秋山浜と整備、拡張しているが、年々多くなる車に追いつけない状態にある。
 遊歩道、高原ドライブコースは、浜路〜御霊櫃峠〜舟津公園〜鬼沼〜青松浜〜福良〜馬入新田(水芭蕉約3万本)〜隠津島神社(原生林)〜東沢林道〜布引山(200ha高原大根)〜二つに分かれて、一方は赤津のカツラ(国指定)〜赤津〜秋山浜へのコース。また一方は布引山から東山温泉へのコースと、すばらしいドライブが楽しめる。
 昭和55年12月に待望の三王坂トンネルが開通、また平成4年11月に長年の悲願だった新三森トンネルが開通し、郡山市街へも30分程と近くなり大変便利になる。
 また、平成6年11月に勢至堂トンネルが開通し、白河市、東京方面が近くなった。
 昭和56年6月には「湖南スポーツ広場」がオープンし、多くの人たちが活用している。
 湖南地内への施設も年々充実されている。サンサングリーン湖南(体育館)平成元年10月開所、サニーランド湖南(ディサービスセンター、温泉)平成3年4月開所、
少年湖畔の村(宿泊訓練施設)平成4年6月開所、そば道場(体験施設)平成4年12月開所。
 サニーランド湖南は、湖南地区内の人たちはもちろん、郡山市街地、市外からも多くの利用者がありにぎわっています。

 いま、湖南町は磐梯山の雄姿と猪苗代湖の水の清らかさが変わらぬように、住民の愛情と団結は変わることなく、郡山市の都市像「水と緑がきらめく未来都市」を目指して力強く活動している。

サウスレークファーム ( 湖南町転作物加工組合 )
磐梯山と猪苗代湖のほとり湖南町  ばんだいさんといなわしろこのほとりこなんまち
963-1633 024−983 福島県郡山市湖南町福良 栗生

※湖南町のボランティア団体・サークルにikonanドメイン以下からジャンプできるようにリンクしてあります。
 また、ikonanドメイン以下よりリンク希望の方は webmaster@ikonan.jp までメールを下さい。